ガンダム30周年だそうですよ!

いつも、クラウドネタやAzureネタをイロイロと「なるほど」と思いながら読ませてもらっているBlogがあるのですが、そこの1つのエントリで体がピクッと反応してしまったので、敗北感を覚えつつ紹介します。

ガンダムが30周年で、きっといろいろなイベントがあるだろう・・・とのことです。
その1つが、お台場の実物大ガンダム(直立)らしいですね。
7月かぁ・・・絶対!見にいきたいと思います。(笑)
・・・お台場だったら、頑張れば昼休みにでも・・・

そして、今回、僕が「ピクッ」と反応してしまった部分なのですが、↓ここです。

ちなみに、ガンダムに詳しくない方のために補足しておくと、宇宙世紀において
モビルスーツと呼ばれる巨大人型兵器が開発されて以降、その標準的なサイズは
全高18メートルから20メートルあたりが標準であった。ジオン公国軍が1年戦争初期に
大量に投入したMS-06FザクIIがデファクトスタンダードとなり、対抗する連邦側も
そのサイズにあわせざるを得なかった。よほどの工夫をしない限り、機体サイズや
それに比例する出力と機動性や生産性にトレードオフの関係があるためである。
そもそも小型化が進んだとはいえ、核融合炉を主動力として搭載すること、
ミノフスキー粒子による電波障害からパイロットが搭乗しなければならない制約から、
あまりサイズを小さくすることはできないのである。結果、標準化団体があったわけ
でもなく、モビルスーツのサイズは一定の範囲におさまるというデファクトスタンダード
とったもの勝ち的な話は、現実世界でもよくあることだ。

すごい丁寧な補足です!
僕はそんなにガンダムに詳しいというわけではないので、かなり助かりました!!