VC++ 2008 Express EditionにはWindows Platform SDKがついてくる

最近ずーーーーっとWindows系の開発をやっていなかったので、ちょっと触りたくなり・・・ネットブックですが、自分のPCにVS Express Editionを1つ入れようかと思いました。

#・・・動くよなぁ・・・

で、そのときに気づいたのですが、どうやらVC++ 2008 Express EditionにはWindows Platform SDKが付いてくるらしいのです!
ちょっと感動してしまい、無意識にVC++を選んでしまいました。(笑)

Windows Platform SDKも魅力的ですが、C++は意外と好きな言語仕様だというのもその理由です。
何がいいって、ヘッダーファイルですよ!!
これにクラスの定義を書くだけで、あっという間に仕様書になります。(笑)
設計に集中できるのです。
Javaみたいに、ロジックを埋めていったらパニクったときにわからなくなる・・・なんてことは無いのです。

・・・まあ、そんなにC++をバリバリやっていたわけでは無いので、かなり価値観がずれてるかもしれませんが・・・

そんなわけで、現在、VC++ 2008 Express Editionをインストール中。。。長い。。。充電大丈夫かな・・・?