リードの厚さ(硬さ?)で全然違う!

土日のどちらかは、一人でカラオケに行ってPocketSaxの練習!超練習!!
しばらくは最初についていた「rico 2.5(2 1/2)」というリードで吹いていたのですが、先日(といってもカナリ前か。)ふと違いを試してみたくなり、楽器屋さんで「rico royal 3.5(3 1/2)」と「Vandoren JAVA 2」を買ってみました。

厚さ比較・・・Vandoren JAVA 2。
・・・音が軽く出る!ビックリです。rico 2と比べると、リコーダー並に簡単に音が出ます。
しかし、アンブシュアがちょっと違うだけで、音程がかなり違います!!!コレは痛い!!
ちょっと、僕には使いこなせないなぁ・・・というわけで、半分封印チックです。

厚さ比較・・・rico royal 3.5。
・・・音がなかなか出ません。
しっかりとアンブシュア!しっかりと息を吹き込む!!
これでようやく音がでます。
音程は、しっかりと安定してますが・・・ちょっと吹くと疲れます。
笑ってるわけじゃないんですけど、口がにやけた感じでマウスピースから離れていきます。

なんとか頑張ると、rico royal 3.5でもワンフレーズぐらいは吹けるようになってきました。
なので、箱でリードを買うならこれかなぁ・・・と思っていたのですが・・・
いろいろと調べてみると、ricoとrico royalでカットが違うんですって。
ricoがアメリカンカット。rico royalがフレンチカット。
アメリカンカットはやらかめ。フレンチカットは硬め。
てことは、もしかして同じ3.5でもricoとrico royalは違うのでは???

好きな音を探すため、次にまたバラでrico 3.5を購入してみます!